08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : その他

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.03.26 *Sat*

あれから二週間

あの地震の日から今日で2週間が経ちました。
まずはじめに、私たち家族・実家・友人・知人はみんな無事でした。
心配してメッセージ等を下さった方々ありがとうございます。
ブログを更新する気には全然なれなかったけれど少し気持ちが
落ち着いている時間も出てきたので今日は地震について少し
書こうと思います。

ベッドのある部屋でふぅくんとかくれんぼごっこして遊んでいた
なんでもない午後、地震に気付いてふぅくんを
捕まえてベッドの布団の下に潜るとどんどん激しくなる揺れ
向こうの部屋で物ががしゃんがしゃんと落ちる音。

揺れがおさまり、テレビをつけると
どうやら震源は実家のある宮城県であることがわかり
夫の働く東京都心での火災の様子も映し出され
携帯も誰ともつながらない不安。
TVに映し出される多くの馴染みのある景色がめちゃくちゃに破壊されていく
信じられない光景に震えながら、まだ何もわからないふぅくんを抱えて
必死に電話をかけ続けた数時間。

夫とはその日のうちに電話がつながりました。
TVで実家から車で10分というところが津波に呑まれる様子を何度も何度も見た時は
もうダメかと思ったのですが、両親とも夜中に連絡がとれました。

夫は会社のビルで一晩を明かし翌昼無事帰宅。
仙台の両親とは次の日の朝一度電話がつながり家族の命と家が
無事であったことを聞き安心したのもつかの間
それ以降3~4日電話もメールもまったくつながらなくなり
2次災害に巻き込まれたのではと気が気ではありませんでした。
首都圏でも続いた余震への不安でTVを消せず、
おびただしい犠牲者の数を繰り返し聞き
目に馴染みのある場所が破壊されて行く映像を見つづけた数日間は精神的に
苦しかった。
ふぅくんも精神的に不安定な私の影響をうけて
私にしがみついて離れないなど行動がおかしくなりました。

その後両親・祖父母とも連絡が取れるようになり
徐々に電気・水道等ライフラインも復旧の知らせを聞くうち
私の心配も少し落ち着いてきました。
80代の祖父母も電気・水のない生活をがんばって乗り越えました。

今は早く福島原発の問題が解決し、首都圏の混乱も解消され
被災地の復興へみんなが集中できる日が
私たちも落ち着いて暮らせる日が早く来て欲しいな。


こんな中でも、携帯がつながると同時に、
「ふぅくんの食べ物大丈夫?ふぅくんの水大丈夫?
ふぅくんの写真にみんな勇気をもらってるよ」
と自分の事よりふぅくんのことばかり母はメールしてきます。
飛んで行きたいけど、行けないのがもどかしいけど。
できることはインターネットで義援金を振り込むことぐらい。
でも今私がすべきことは目の前にある幼い命を守ること
なのでしょうね。

原発事故の放射物質の影響心配して、
「こちらにくるなら部屋用意できるからね!!」とメールを
くれる海外の友人たち。
その気持ちが本当にありがたくてじーんとなります。

「自然の猛威の前で人は何もできない」と言うけれど・・・
私の生まれ育った仙台市は昔から地震が多いところで、地震に対する
防災意識の強い所だったと感じています。
人口100万人を超える政令指定都市ながら
高層ビルがそれほど多くないのも地震に対する備えからだと
聞いていたし(杜の都の景観を守るためでもあるらしいけど)
30年ちょっと前に宮城県沖地震が起きた時
民家のブロック塀はみんなやめたのだと聞いて育ちました。
地震に強い街づくりをしてたから
これだけの地震でも
お店の窓ガラスは割れ、時計が倒れといった被害は多いようですが
橋の倒壊や高層ビルの倒壊といった
最悪の事態を仙台市の中心部は免れたんだと思います。


でも仙台で津波なんて聞いたことがありませんでした。
まさか若林区があんな被害をうけるとは。
本当に皮肉で悲しくて考えれば考えるほど涙があふれてきます。

早く被災された方が安心して暮らせる日が来ますように。
私もここにある幼い命を守りながら、
小さな小さな力ながら仙台出身の一人として
復興に向けての長い間、その時その時にできることをして行こうと思います。

そして大好きな仙台の街に宮城県に早く安心して帰れる日が来て欲しいな。

R0016560.jpg
R0016613.jpg
(写真は2008年)


スポンサーサイト
| その他 |
Permalink *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

プロフィール

ともも

Author:ともも
妻7年目・ママ3年目日記。

結婚して数年、
旅行に仕事にグルメにと
気ままな2人暮らしを満喫していた
夫婦が2009年8月はじめてのベビー
を迎えドタバタ生活始まりました。

マイペースながら
子育ての素晴らしさと
大変さを学ぶ日々です。


ともも 典型的なO型の妻
    英語通訳を経て、
    あと数年はのんびり(?)
    専業主婦ママの予定

旦那さん 優しいA型
     自称 愛妻家
     実は恐妻家?

ふぅくん 元気いっぱい
     しし座の男の子!



最新記事



最新コメント



フリーエリア



月別アーカイブ



カテゴリ

*ふぅくん0歳* (17)
*ふぅくん1歳* (20)
*ふぅくんとお出かけ* (16)
*旦那さまとデート* (6)
*つれづれ雑記* (8)
*Fashion+beauty*mama* (2)
*グルメ* (5)
*夫婦のこと* (5)
*記念写真* (2)
*国内旅行* (5)
*プーケット旅行(1歳5カ月)* (9)
その他 (1)
月の成長記録 (11)
*ふぅくん2歳* (16)



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © SweeTomomo family All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。