10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : *プーケット旅行(1歳5カ月)*

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2011.06.27 *Mon*

*プーケット旅行記*最終日

3カ月近くのブランクを経て、終了できていなかった
プーケット旅行記の最終話を書こうと思います。

それにしても何カ月経っても旅行中の特別な日のことって覚えて
いるものですね。
今回も記録等何も見ないで書けそうです。

ふぅくんも、旅行中のことはよく覚えているようで
プーケットで私がこっそりふぅくんの背中に安全ピンでつけていた
虫除けベープをクローゼットから見つけて、
目にしたのは数カ月ぶりのはずなのに
んっんっ(訳:背中につけるのだね~)と背中を指さしたりするんですよ。

まだ海外にいったなんてわからない年だけど
特別なことだったというのはちゃんと記憶に刻まれて
いるのかもしれませんね。


さて~最終日のお話です。

ゆらゆら揺れるプールの水面を眺めながらの
朝食も今日でおしまい

354_original.jpg

夫がふぅくんを連れてブッフェ会場を歩いてくれている間に
一人コーヒーでリラックス♪
帰ったらまた子育てがんばるぞとエナジーを貯めておかなくちゃねー


最終日は夕方プーケットを経つフライトだったので
チェックアウトまで3人でプールとビーチとしっかり別れを惜しむ予定です。
前日にフロントに交渉して2時間だけレイトチェックアウトを
もらうことができました。

実は2人の時も、ふだん多忙な夫は旅の最後までリゾートでのんびりしたい
という人。私も何もせずにビーチを見ながらのんびりは好きだけど
2日ぐらいのんびりしたら
後2日ぐらいは島内観光したりお土産買ったりしたいし、経由地のシティ(シンガポール等)
にもちょっと寄りたいというタイプなので、
プランニングする人の特権でまぁそのようにしていました

ふぅくんが生まれてはじめて、最初から最後までリゾートから出ない
シティにも寄らない夫のドリーム旅がかなった形になりました

 
最後の日にやっと海へ入ったふぅくん
374_original.jpg
375_original.jpg
海は南太平洋の島等と比べたら・・・・だけど
光によってはこれくらい綺麗に見えることもあったよ~。

ふぅくん、海につかっているうちに
パパの腕の中でスヤスヤ~

お部屋でみんなでシャワーを浴びて、
ふぅくんをサークル代わりにベビーベッドに入れて
ふたりで一生懸命パッキング。
2人の時は、帰りはお土産で荷物が2倍ぐらいになっていたけど
今回は反対!
オムツ・ベビーフード・ベビー麦茶等が減ったので
スーツケースががらがらになりました


チェックアウトの手続き中、ベビーシッターをしてくれた方が
プレゼントを持ってふぅくんにお別れに来てくれました。
386_original.jpg



タクシーまでまだ少し時間があったので、キッズクラブにまた
お邪魔したり、ホテル内のカフェでランチしたり
とにかく最後までリゾート内だね~。

そしてタクシーに乗ってプーケット空港までの一時間は
チャイルドシートがないので、だっこ紐でくくって
行きました。
(行きがタクシーでハッスルして飛行機より大変だったのでね~)
そしたら出発直後から飛行機出発直前まで寝てくれました。

プーケット空港は思ったより小さくて
前にバンコクに行った時に好きになったNARAYAが
あるかな~と思って探したのだけれど、私が見た限りでは
ありませんでした。

さて、夕方のフライトで空路1時間弱バンコクへ。
行きは直行便があるんだけど、帰りはなくて乗り継ぎになるんですよ。

出発前にふぅくんが起きてしまって、離陸時叫び始めたのです。
国内線で席も狭く
隣に座っていたオシム監督に似ているロシア人らしきおばさまが
ムスっとして怖かったので
(この人子供嫌いなんだわぁ~~)と
この旅はじめて飛行機で泣きたくなった母でした(弱っ)。

が・・・・ふぅくんがめばえの表紙に書いてある、
トーマスやらドラえもんやらチェブラーシカやらを
ずーっと指差して夫に名前を言わせている様子をみていて
最初はむすっとしていたのが
すっごく優しい笑顔になってくれたんですよ。

最後に「息子が騒いですいませんでした」と言ったら
(本当は最初に言うべきだったんだけど)
とても優しい笑顔で「いいのよ~」と。
逆に心があったかくなった思い出となりました。


さてさてバンコク・スワンナプーム国際空港で4時間の乗り継ぎ時間
を経て、深夜に日本行きのフライトに乗り込みます。

これはチケットをタイ航空のHPで手配する際に自分で選びました。
時間があいたほうが少しリーズナブルだったのと
4時間ふぅくんを歩かせて、飛行機に乗る前に寝かしつけた方が
眠ったままでいけるから良いのではないかと思ったからです。


さてさて、広いスワンナプーム空港を歩く歩くふぅくん。
402_original.jpg


スワンナプーム国際空港に来るのは二度目でしたが
前はそんなに長い間いなかったので感じませんでしたが
とにかく広い!!

免税店街の端から端までふぅくんにあわせて
歩いていると片道1時間経ってしまう感じです。
大人の足でも15分ぐらいはかかるんじゃないでしょうか?
ジムトンプソンだけで3店舗もありました。


そして、タイの人ってほんとに子供が好きなのね。
セキュリティチェックのスッタフさんや免税店の店員さん達もみんな
子供に話しかける時は、仕事抜きで優しい笑顔で
話しかけてくれるから、なんだかこちらもあったかい気持ちに
なりました。

ふぅくんをずいぶん歩かせたところで、パパがおんぶ紐でおんぶして
歩き寝かせようと試みます。
深夜なのに、やはり空港の雰囲気に興奮しているのか
なかなか寝ませんでした。
パパ、ぐったり・・・

眠ったところで私の抱っこにチェンジ。
起きそうになったらおっぱい作戦で、どうか朝日本に着くまで眠っていてね~
と願いながら、出発ゲートで待ちますがフライトが遅れていました。

なにかトラブルがあったようで、出発ゲートからバスにのって飛行機まで連れて
行かれることに。
そのバスが日本の朝のようにぎゅうぎゅう詰めで、
せっかくがんばって寝せたのに起きちゃうよ~
とふぅくんを抱いて心で泣いていたら、

「あなたはこっちへ」と案内され、他の乗客とはセキュリティガラスで
仕切られた、運転手さんの隣の助手席へ座らせてくれたんです。
はぁ、最後までタイは子連れに優しい国だわぁ。

バスが走る時多くの飛行機の間を間近に抜けて走って行く、
飛行機夜景も、特等席から見ると本当に綺麗でドキドキしました。
こんなこともなかなかないですよね。
これもふぅくんのおかげです。ありがとう


私の狙い通り、目を覚ましたら飲ませるを何度か繰り返して
最後まで眠ったまま日本着でした。

404_original.jpg


ふぅくんの初海外
楽しかったね




のんびり更新の長い旅行記、最後までお付き合いいただき
ありがとうございました
スポンサーサイト
Permalink *  CM(6) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.03.06 *Sun*

プーケット旅行記*Dinners*

ディナーは一日はインターナショナル料理のカフェで
大好きな海南チキンライスやミーゴレン、マサマムカレーをいただきました。
212_original.jpg
マサマムカレー(右)はタイ南部のお料理らしくて、はじめて食べました。
近いマレーシアのレンダンにそっくりで美味しかったです
海南チキンライス(左)は以前シンガポールのラッフルズホテルでいただいたんですが
こちらのホテルでいただいたのも美味しかった♪
ミーゴレン(中)は焼きそばみたいなものと思っていたので
汁につかっているのははじめていただきました。
こちらもYUM!


ふぅくんは日本から持ってきたベビーフードとオーダーすると必ずでてくる
パンやタイのスナックなど食べました。とくにこのタイ風おせんべみたいなのが
気にいっちゃってポリポリたべてたよ~!
208_original.jpg


オープンエアーなので音が響かないのでふぅくんが騒いでも少し気楽です。
215_original.jpg
 
もう一日は毎日日替わりでテーマが変わるブッフェレストランへ
「Pirates of Andaman」というパイレーツオブカリビアンをもじった
テーマの日に行きました。
(Andamanはこのホテルが面しているアンダマン海のこと)

パイレーツ・オブ・カリビアン風ののショーを見ながらのディナーです。
ふぅくんはディズニーランドですごくおとなしくショーを見ていたので
ショーを見ている間に食べられると思って狙いました(笑)
338_original.jpg


狙った通りおとなしくショーを見ていてくれた~ありがとう☆
334_original.jpg


ディナーはシーフードのブッフェ。
大食漢のパパもいっぱい食べられて良かったね!
343_original.jpg340_original.jpg

339_original.jpg

最後に、最初で最後の?!動画をUP
といってもコンデジで撮った粗い画像ですが・・・。(見てくれる方がいたら音に気をつけてね)
[広告] VPS

顔は真剣なのに、手の動きが激しすぎるふぅくんです!


後は最終日をまとめて次で終わりにしま~す。







Permalink *  CM(6) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.02.27 *Sun*

プーケット旅行記*夫婦時間*

ふぅくんを4hrsキッズクラブにお願いしている間は
大人時間です。

ホテル内も2人だとやっとゆっくり見て回れる感じです。

インターネットができるロビー。プールに浮かぶような作りが素敵だなって思ってパチリ。
178_original.jpg
私たちにはネットをする時間なんてなかったけどヨーロピアンは長い人だと一カ月ぐらい
滞在するらしいからネットもしたくなりますもんね。
私たちも宝くじが当たったらーって想像しちゃいました(笑)

ホテルのブティック街。
180_original.jpg
有名なタイシルクのジムトンプソンも入っていました。

ロビーではタイの古楽器なのかしら
バリのガムランのような、鉄琴が演奏されていてエキゾチックな癒しの雰囲気が漂って
ました。


そのロビーを抜けてホテルの外へ。
ふぅを預けているから、離れるのは心配でタクシーに乗って遠出はしなかったけれど
ちょっとだけホテルから歩いて出てみることにしました。
286_original.jpg

建物を出てからゲートまでが長い。
281_original.jpg

ゲートを出るといっきに現地の庶民的な雰囲気に。
278_original.jpg
ふぅのオムツが足りなくなりそうだったのですが
ホテル内で新生児用(←なぜ?)しか売っていなかったので、この通りのショップで探したのですが
マミーポコがなんと4枚200バーツ(約600円弱)でした!
やられた~ぼったくられた~(笑)
見た目は現地っぽくても、ちょっと出ただけじゃ値段はリゾート物価のままでした
教訓・リゾートから出ない時はオムツは多めにパッキングですね



ふぅがまだあまり海で遊べる年齢でなかったので、
2人の時はビーチで長い時間を過ごしました。

ビーチフロントのレストランでのんびりランチ
168_original.jpg

ノンアルコールカクテル(Mocktail)トロピカルフルーツが美味しい
169_original.jpg
177_original.jpg
グリークサラダやロティのサンドイッチ
チーズなどがはさんでソフトタコスみたいなお食事ロティYummy♪
ロティって甘いものだけだと思ってました。

こんな綺麗な海を見ながら旦那さんが意気消沈してるので
マミーポコの事でムッとしているのかと思って(笑)「どうしたの?」と聞いてみたら
今回の旅は計画・手配・リサーチ・現地とのやり取り等ほぼ全て私だったんですが
「とももが子育てしながらここまでやってくれるとは思わなかった
 いや~すごい。それに比べて俺は全然手伝えなくて申し訳ない。。。」と
真顔で言われてびつくりしました。
いやぁ旅好きにとっては
旅の計画・手配ってすごく楽しいから全然いいんですけどね
ふぅのお昼寝の時間にプーケットに脳内トリップの日々で大変だったけど
楽しかったですよ。
とにかく旦那さんはそう思うほどこの旅が気に入ってくれたようでなによりです!

189_original.jpg
ほぼプライベートビーチ状態で透明度も高く綺麗な海。
でもクラゲ注意サインが出ていてちょっとヒヤヒヤ
それでも、自分がクラゲみたいにプカプカ海に浮いてる時間って最高に
癒される感じがします(笑)


ビーチサイドで波の音を聞きながらマッサージも受けました。
その間旦那さんはゴルフの打ちっぱなしへ。
マッサージが終わってゴルフの様子を見に行ったら、彼がインストラクターの
ようにヨーロピアンに囲まれてやり方を聞かれているのでびっくり。
そんなにうまかったとは!
大学でやっていたそうで、6年も一緒に暮らしていても
知らない特技なんてあるものなのですね。


そんなこんなで夫婦時間を過ごしてふぅくんを迎えに。
べったり
327_original.jpg
いい子に待っててくれて本当にありがとう

3人で夕日の中をお散歩 きれいだね。
324_original.jpg



長い。。。
あと2回で終わるようにがんばります!
Permalink *  CM(6) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.02.20 *Sun*

プーケット旅行記*キッズクラブで初ベビーシッター*

海外旅行計画を立てた時に、ホテルにキッズクラブのような安心して
預けられるところにふぅくんを預かってもらう時間があったらいいのになと思ったのですが、
なかなか1歳という年齢で預かってくれるキッズクラブのあるホテルは限られていました。

ベビーシッターを手配してくれるホテルはたくさんあったんだけれど
日本人の私たちはベビーシッターを使うのに慣れていないですから
お部屋でふぅくんとシッターさん2人というのには抵抗があったんです。

いろいろ調べたら今回泊まったホテルには
ペンギンクラブというキッズクラブがあり、4歳から12歳までの子供は
保護者がいなくても無料でクラブに預けることができること、
4歳未満の子供はベビーシッターを雇えば保護者なしで
キッズクラブで遊ばせることができるということがわかり
これはいいな~と思い、他の条件も良かったのでこのホテルに決めたんです。

だけど、ホテルを予約はしたものの本当に預けて大丈夫なものかとやはり不安で、
夜な夜なホテルの口コミサイトで何百件もの口コミから
キッズクラブやシッターさんに関する口コミを探して読み漁ってしまいました(笑)
(海外ホテルの情報って大きなホテルでも日本語の口コミだけだと
かなり限られていますがtripadvisorのサイト⇒だと世界中から何百というレビューが
英語で寄せられていて、旅行会社では取り扱っていない小さなリゾートや
レストランなども事前にかなりの情報を集めることができるのでオススメです)

レビューも好意的なものばかりだったし、不安な事は何度かホテルにメールで質問もして
大丈夫そうだったので直前になってやっと利用を決めることができました。

シッターさんに預かってもらってる時間をふぅのお昼寝に当てたいと思って
「キッズルームでお昼寝できるのですか?」とメールで聞いたところ
「お昼寝するための部屋はないけどベビーカーを持ってくればお昼寝できます」との
事だったので、ふぅはあまりベビーカーに乗らないのだけれど
レンタルベビーカーもホテルにはない(外部のレンタル会社はあるそう)ということだったので
6kgのうちのcookie(ベビーカー)をはるばる持っていきました(笑)

そうやって散々迷って利用を決めたのだけど、プーケットに着いたら
行きの飛行機の中であんまりいい子にしてたふぅにパパが感動してしまって
「こんないい子をベビーシッターに預けていいのだろうか~」と
溺愛モードに入ってまた迷っちゃったんですよ

だって私たちの予想では、どんなに準備してもふぅは飛行機の中で騒ぐと思っていたんです。
そしてヘトヘトになるから、次の日はシッターさんにお願いして
ちょうどいいと思っていたのに予想外に飛行機が計画通りにいったのであれ?という
感じで。。。

そんなこんなありましたが結局海外でシッターさん初体験しました!

○PENGUIN CLUB○
195_large[1]

シッターさんはクラブのスタッフではなくてみんなホテルで他の仕事をしていて、
時間が空いている時にシッターの仕事をするのだとか。
全員病院でベビーケアのトレーニングを受けているとのことでした。

私たちのシッターさんは、いつもはリザベーションを
担当している方でした。明るくて大らかな雰囲気の方で一安心♪

広々としたペンギンクラブ。
200_original.jpg
270_original.jpg



ここにふぅくんを残して、涙がこぼれそうになりながら
さ~~っと出て行きました。

見てのとおり窓が大きいので、外からふぅくんの様子が良く見えて
シッターさんがふぅくんをよく面倒見てくれているのが見えて安心しました。
4時間の間何度か外からのぞきに行きました。

ふぅくんは泣くこともなく元気に2時間遊んで、ベビーカーでホテル内を
お散歩するとスヤスヤと後の2時間は寝ていたのだとか。

他のスタッフの方にも名前を覚えてもらって可愛がって
もらっていたみたいです!
2日目に連れていくとキッズクラブのスタッフのかた達に
「Fuu, No Crying, Good Boy~」(泣かないよい子のふぅくんじゃない♪)
と話しかけられていました^^
預けられるといい子ちゃんなのは、日本でも海外でも同じだったみたい(笑)

キッズクラブの様子をちょっと紹介・・・


大きい子たちはお絵かきか何かのアクティビティをしています。
273_original.jpg
277_original.jpg

お兄ちゃんたちが遊んでいるTVゲームが気になってしょうがないふぅです。
317_original.jpg
男の子たちはみんなヨーロッパの違う国から来たようで、アクセントのある英語で
一生懸命お話しているのが可愛かった~
ふぅくんもこれくらいの年になったらいろんな国の子とお話できたらいいね

屋外もあります。トランポリンやミニサッカーコートもありました。
315_original.jpg

313_original.jpg

いろいろ心配しましたが、
屋内でおもちゃで遊ぶ時間、エアコンの効いた部屋でお昼寝する時間を取ったことが
1歳の子が突然冬から突然常夏の国に行って体調を崩すことなく
元気いっぱいでいられた要因だったのかも!
私たちも大人だけでゆっくりする時間を持ててホントにありがたかった。
初シッター体験大成功でした


ちなみにこのホテル内での飲食代などは日本のホテルとかわらない!と
言うくらい高かったのですが、シッターさん代は日本で市の機関などに
預けるのとかわらない安さでした。

欧米の人はシッターさんを上手に使っていると聞いて観察していたら
お子さん3人のママが現地人らしきシッターさんを同行させて
上の2人をシッターさんとプールで遊ばせて、その様子をみながら
自分はプールサイドでおばあちゃんと下の赤ちゃんの面倒を見ていました。
なるほどなぁと思いました。


シッターさんは私たちがチェックアウトするときプレゼントを持って
私たちに会いに来てくれました。
ほっぺにチュッチュされるふぅを見てちょっと妬けたけど(笑)
ホントに可愛がってもらったんだぁとありがたかったです

そして今日シッターさんから「ふぅくん元気にしてますか?」とメールが
届いていました


シッターさんが送ってくれた写真
penguinclub1.jpgpenguinclub2.jpg


よいシッターさんとの出逢いに感謝






Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2011.02.16 *Wed*

プーケット旅行記*滞在編②お散歩&プール*

朝食の後は毎日ホテルをお散歩しました。
ホテルの敷地は広すぎず狭すぎず小さい子連れにちょうどいい大きさだと思いました。

このホテルを選んだ理由のひとつは赤ちゃんゾウが敷地内をお散歩していること

毎日いるわけではないらしいけど最初の朝に会えました♪
128_original.jpg

フルーツをあげてる人がいました^^
125_original.jpg

ふぅくんには出発前毎日ゾウさんの写真を見せて「今度ゾウさんに会うんだよ♪」と
言っていたので、会った瞬間から「ゾウ」のベビーサインをしまくり!!
123_original.jpg

でもゾウさんがお鼻でふぅくんに触ってごあいさつしてくれたら、
さすがにビビっちゃったの
122_original.jpg

今度はママと再チャレンジ
139_original.jpg
ゾウさんの毛って赤ちゃんでも硬くてチクチクしました。
でも可愛い♪ 2歳のゾウさんでした。

ビーチもお散歩♪
      166_original.jpg


きれいなビーチですから去年の夏はじめて千葉の海に行った時は
おびえていたふぅくんも海好きになってくれるかな。。。と思ったけど。。。
219_large[1]
おびえて固まってます。。。。(汗)

    37_large[1]
ついて最初の日と次の日はこの階段までは来るんだけど砂浜には
絶対降りようとしませんでした


う~~ん残念。。。

と思ったら。。。。。



プールには大興奮でこの笑顔!!!
149_original.jpg
39_large[1]
40_large[1]


なので、さっそく部屋に戻って水着に着替えてプールに入ることにしました。
163_original.jpg
キャッキャッと遊ぶ姿は予想外の展開です^^
  47_large[1]
那須ではプール嫌がっていたのにな
子供が次に何を好きになるかってホントに予測がつかないです!
来年には海も好きになっているかもね♪
260_original.jpg
深さも、ふぅくんが入った一番浅い55cmのプール(ふぅくんでも足がついて顔が出る)
から、80cmぐらい~ダイビング練習できる深いプールまでいろいろあって
また戻ってきたら次はどのプールに入れるのかな~と考えるのも楽しみだなと
思いました^^

ふぅくんとパパがプールに入ったり、歩きまわったりしていると
いろんな方がChao~~~~~~とかBonjour~~~~~~~~~~~~~とかHi!おいでおいで~と
声をかけてくれる
259_original.jpg
私はそんな様子を眺めながら、ビーチベッドでゴロゴロしたり
プールにjoinして遊んだりしてました。
パパありがと~♪

出発前は「2人で行けたらいいのにね。。。。」的事を言っていた
パパでしたが、こうやってふぅとプールで遊んだことがこの旅で一番楽しい思い出になったみたい

プールでは毎日1時間遊んだので、色白のふぅくんもきれいなカフェオーレ色に焼けました。
白塗り?ってくらいプールを出るたびに日焼け止めを塗りなおして
なんとか赤くならずカフェオーレ色ですから
どんなに塗ってもビーチリゾートで遊んで焼けないっていうのは無理なんでしょうね。
パパはふぅくんの日焼けのことばかり気にして、自分の背中に日焼け止めを塗り忘れたため
真っ赤なサンバーン状態になってしまいました

う~ん来年からはふたりともラッシュガード着てもらおう。

Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

プロフィール

ともも

Author:ともも
妻7年目・ママ3年目日記。

結婚して数年、
旅行に仕事にグルメにと
気ままな2人暮らしを満喫していた
夫婦が2009年8月はじめてのベビー
を迎えドタバタ生活始まりました。

マイペースながら
子育ての素晴らしさと
大変さを学ぶ日々です。


ともも 典型的なO型の妻
    英語通訳を経て、
    あと数年はのんびり(?)
    専業主婦ママの予定

旦那さん 優しいA型
     自称 愛妻家
     実は恐妻家?

ふぅくん 元気いっぱい
     しし座の男の子!



最新記事



最新コメント



フリーエリア



月別アーカイブ



カテゴリ

*ふぅくん0歳* (17)
*ふぅくん1歳* (20)
*ふぅくんとお出かけ* (16)
*旦那さまとデート* (6)
*つれづれ雑記* (8)
*Fashion+beauty*mama* (2)
*グルメ* (5)
*夫婦のこと* (5)
*記念写真* (2)
*国内旅行* (5)
*プーケット旅行(1歳5カ月)* (9)
その他 (1)
月の成長記録 (11)
*ふぅくん2歳* (16)



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © SweeTomomo family All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。